Arabic Bulgarian Chinese Deutsch Dutch English Espanol Francais Greek Hindi Italiano Japanese Magyar Polski
Portugues Romana Russian Turkish Ukrainian
News  -  Calendar  -  Call for Papers  -  Studies & Position Papers  -  Acta Astronautica  -  Commissions  -  Study Groups
Path of current page Home arrow Multilingual arrow IAA in Brief arrow Japanese arrow Brief Monday, 20 October 2014
Site Search
Brief Print

アカデミーの概要

創立: ストックホルムで開かれた第11回国際宇宙航行会議において, 1960年8月16日,テオドールフォンカルマン (Theodore Von Karman) によって創立された.その憲章はそれぞれ,1963,1965,1969,1983,1987,および1998年に改訂されている. 1996年,国際連合によって非政府組織(NGO)として承認されている.現在の役員は以下のとおりである.

     会長: マダヴァン G. ネア (Dr. Madhavan G. Nair) インド

     前会長: エドワード C. ストーン (Prof. Edward C. Stone) アメリカ合衆国

     副会長: ヤニック デスカタ (Mr. Yannick d’Escatha) フランス、

      劉 紀原 (Prof. Liu Jiyuan) 中国

       松尾弘毅 (Prof. Hiroki Matsuo) 日本

      アナトリ ペルミノフ (Prof. Anatoly Perminov)

・ 総書記: ジャン-ミシェル コンタン (Dr. Jean-Michel Contant) フランス

 

目的: 平和目的の宇宙航行活動の発展を図る.宇宙航行に関わる科学および技術の諸分野において顕著な貢献をした個人を顕彰する.会員が貢献できる国際共同プログラムを提供する.航空宇宙科学の進展に於いて協力する.

会組織: 総会(通常は2年毎)および 理事会(年2回)から成る.後者は,会長,副会長4人,および理事28人 (基礎科学,工学,生命科学,および社会科学の各分野それぞれからの7人)により構成される.

活動: 科学シンポジウムおよび会議,並びに以下6分野の専門委員会の作業を通じて国際的な科学協力を奨励する: 宇宙物理科学,宇宙生命科学,宇宙技術およびシステム開発,宇宙システム運用および利用,宇宙法政および経済,宇宙と社会文化・教育.アカデミー活動が率先的に生み出す主要な成果として,太陽系内および系外の探査および居住化に於ける国際的努力の,多岐にわたる側面を取り扱った一連の"宇宙研究報告(Cosmic Studies)"および"見解書(position papers)"が作られる.これらの側面には,宇宙塵(space debris)問題,小型衛星,地球外インテリジェンス発見に続く活動に関する原則宣言,船外活動(EVA)および宇宙服の相互運用性,低価格科学衛星ミッション,月・火星探査が含まれている.

各国アカデミーとの交歓:

  • Royal Swedish Academy of Sciences (1985)
  • Austrian Academy of Sciences (1986,1993)
  • French Academy of Sciences (1998,2001)
  • Finnish Academy of Sciences (1998)
  • Indian Academy of Sciences (1990)
  • Spanish Academy of Sciences (1989)
  • German Academy of Sciences (1990)
  • Netherlands (1990)
  • Canadian Academy of Sciences (1991)
  • U.S. Academy of sciences (1992,2002)
  • U.S. Academy of Engineering (1992,2002)
  • Israel Academy of Sciences and Humanities (1994)
  • Norwegian Academy of Sciences and Letters (1995)
  • Chinese Academy of Sciences (1996)
  • Academy of Sciences of Turin (1997)
  • Australian academy of Sciences (1998)
  • The Royal Netherlands Academy of Art and Sciences (1999)
  • Brazilian Academy of Sciences(2000)
  • U.S. Institute of Medicine(2002)

 

出版物:

  • Acta Astronautica (英語,月刊)
  • IAA Newsletter
  • Proceedings of Symposia
  • Yearbook
  • Multilingual Space Dictionary in 16 languages(CD-ROM)
  • Weekly News
  • Position Papers and Scientific Data Base on the IAA Web site

 

会員: 4部門に分かれた正および準会員(アクティブ1213),および名誉会員(5)で構成され,65ケ国に及ぶ.
アフリカ: アルジェリア,ブルキナファソ,コンゴ,エジプト,エチオピア,コートジボワール,モロッコ,ナイジェリア,セネガル,チュニジア.
アメリカ: アルゼンチン,ボリビア,ブラジル,カナダ,チリ,コロンビア,キューバ,メキシコ,ウルグアイ,アメリカ合衆国,べネズエラ.
アジア: バーレーン,中国,インド,インドネシア,イスラエル,日本,韓国,クウェイト,マレーシア,モンゴル,パキスタン,サウジアラビア,シンガポール,スリランカ,シリア,タイ.
オーストラリア: オーストラリア.
ヨーロッパ: アルメニア,オーストリア,ベルギー,ブルガリア,クロアチア,チェコ,デンマーク,フィンランド,フランス,ドイツ,ギリシャ,ハンガリー,アイルランド,イタリア,オランダ,ノルウェー,ポーランド,ルーマニア,ロシア,セルビア・モンテネグロ,スロバキア,スロヴェニア,スペイン,スウェーデン,スイス,トルコ,英国,ウクライナ.

 
Dictionaries  -  Prog. Cttee  -  Paper Database  -  Site Map  -  Contact Us